メンバーメニュー

ようこそ、ゲストさん

トップ > カテゴリ一覧 > ミニバード > 受信トレイの過去のメールが消えました。ミニバードサーバーにメールは残っていて、それを確認、復元出来るのでしょうか?

質問

  • 受信トレイの過去のメールが消えました。ミニバードサーバーにメールは残っていて、それを確認、復元出来るのでしょうか?
  • 本文:

    会社で2台のパソコンを使用しています。
    1台がOutlook2010ともう1台がOutlook2016を使い、
    ミニバードサーバーのメールアドレスをIMAPで
    同期してメールを使っていたのですが、
    先日Outlook2016を使っているパソコンの方に
    不具合が起きて、パソコンの初期化設定を行うことになりました。

    パソコンの初期化設定をしてから、
    再度Outlook2016の登録を行い、ミニバードサーバーのメールアドレスをアカウント追加し、IMAPで同期したところ
    Outlook2010に残っていた過去のメールが消えていました。
    過去のメールは古いので2012年のメールが残っていました。
    現在は2018年5月24日までのメールしか残っていません。


    Outlook2016のアカウント追加の際、自分では上手くいかず、マイクロソフトサポートのリモートコントロールで案内していただきながら、アカウントの追加をしました。
    マイクロソフトサポート方がアカウントの追加をしてくれたのですが、Outlook2010の送受信メールがOutlook2016に同期できなくて、
    再度アカウント設定を行い、
    その時に〔インターネット電子メール設定〕の
    詳細設定にある、
    〔ルートフォルダーのパス〕にパスを入れたことで、
    メールが同期したのですが、その時に過去のメールがなくなっていました。

    これが原因なのか、なぜ消えたのか分かりません。

    この消えたメールはミニバードサーバーに残っていて、確認できるのでしょうか、また復元出来るのでしょうか。


    どうか教えていただけないでしょうか。




  • 緊急度:急ぎ投稿者:oginonogioさん投稿時間:2018/06/09 10:34

回答 No.7203

  • 本文:

    ミニバードのサーバーに残っているのは、webmailで見えるものだけです。

    それより古いメールがPCのメールソフトから読めていたとすれば、それはそのメールソフトが独自に過去のメールを保存していたもので、そのメールソフトから読めないのなら、おそらくどこにも残っていません。

  • 投稿者:ジョバンニさん 投稿時間:2018/06/09 11:03
質問者からのコメント

ご回答ありがとうございます。

一つのアカウント処理を行ったことで、メールが消えました。
outlookの設定←この設定がミスかもしれません。
をしてメールの中身がなくなりました。

ミニバードサポートからも返答がきまして、
ジョバンニさんが書いてくださってる通り、Webmailに残っていなければ無いとのことでした。
もしそこにメールが残って復元は可能でした。

アカウント削除の設定を気をつけないとメールソフト(Outlook)のメールは端末の中に残っているようです。


また質問なのですが、
どれだけの期間ミニバードサーバーで送受信メールが残っているのでしょうか。

現在、受信は同期して各端末で見れるのですが、送信トレイは同期していません。どういった状況なのでしょうか。


回答 No.7205

  • 本文:

    自分で削除しないと、勝手には消えないような...

    容量が不足した場合は、古いのが削除されるのではなく、新しいのを受け付けなくなる。

    容量は自分で設定できるけれども、WEBの分と合わせて合計で最大50GB。デフォールトではずっと少ない。

    WEBの方で余計なファイルをため込んで溢れている可能性も。
    (キャッシュ系のプラグインや、バックアップ系のプラグインは気が付かないうちに、大量の容量を消費することがあるので要注意)

    メールソフトの中には、マウスのクリック一つでサーバーのメールを全部削除できるものもあるので、操作ミスでは?

  • 投稿者:ジョバンニさん 投稿時間:2018/06/10 19:15

回答 No.7210

  • 本文:

    IMAPはよくわからないですが,POPだと削除命令で削除するのが原則です.
    手動で削除することもありますが,通常はメーラーが期限で削除命令を発行します.

    Outlookは確か受信後14日削除発令のはずです.アカウント設定の奥深くにあり,特に明示なく勝手にディフォルト設定されるはず.「削除しない」あるいは「100日後削除」などの設定が可能です.自動設定によらず手動で削除命令を出すこともできます.

    サーバーによって「いっぱいになった古いものから消す」のもありますが,「いっぱいになったら新規受信停止」になるのが原則.ミニバードは「いっぱいになったら新規受信停止」です.容量はミニバードのメードアドレスト設定により,最大500MBです.このほかWeb機能も含めた全体の容量の制限を受けます.保存期間の設定はなく,削除命令が来るまで保存します.

    削除命令がきたら,問答無用で消去します.復活などできません.残っているかの確認はもう一度受信してみればよろし.メーラーにより操作が異なります.

    WebMailはWebMailという名のメーラーだと思えば良いと思います.特徴としてはWebブラウザだけで動くので,特にアプリインストールが不必要.自分で受信メールを取り込んで保存する機能はなく,都度サーバーアクセス.なので,出先でパソコンを借りてメールを見る・・・なんて用途に向いています.
    期限で自動消去の設定がないのも特徴ですね.手動で消さないと,そのうちサーバーが溢れちゃう.

    一般のメーラーは,自分のパソコンにインストールして使う.受信メールは当該パソコン内にしまい込む.サーバーの空き容量のこともあるので,サーバーからとっとと消す.自分のパソコンにしまい込んでるのでオフラインでも過去メールが見られます.サーバーから消してしまっていても見られます.しかし,複数パソコンで扱うにはひとひねり工夫が必要.


    このほか受信メールの状態確認ですが,ミニバードサーバーに限って言えば,FTPでも確認できます.ただしUNIXやキャラクタセットの知識が必要です.

    ミニバードは,個々のメールアカウントが消費している容量を確認する方法はありません.設定容量に達する前に不要なメール消し容量を空けるのはのは至難の業とも言えます.メーラーによる自動削除機能を停止させるのは十分ご注意ください.


    あと送信履歴ですが,メーラーにより扱いが異なります.なので格納される場所もさまざま.送信はSMTPの扱い.POPやIMATは受信.送信と受信は別物なんです.別物なのに,混ぜて考えると,一緒に考えると,訳が分からなくなります.


    初めてのメーラーで,あるいは初めてアカウントを設定する場合,何ををやらかすのかわからないので,私はoffラインにして設定してます.特にOutlookにはナーバス.危険ソフトと認識しています.アカウント設定の途中で勝手にアクセスを始め,ディフォルトの14日削除が動き出し,サーバーから過去メールを消して回るのです.offラインにしておけば「接続エラー」になるだけ.設定を十分確認して,恐る恐るONラインにして初回サーバーアクセスする・・・ってことになります.

  • 投稿者:ぐうさん 投稿時間:2018/06/11 17:20